2005年10月19日

ライブハウス

 若い頃、ライブハウスは、京都では、拾得・磔磔・サーカス&サーカスの3軒くらいやったような気がします。  ホールや西部講堂なんかでの、たくさんバンドの出る、いわゆる単発のジョイントコンサートというものが多数存在しました。

 ライブハウスは、うまいバンドしか出られませんでした。   拾得に出るのが、ほんとに夢でした。

 たまたま活動が大阪になったため、なんのツテでか、コットン100%(梅田・阪急東通り商店街にあったけど、もう随分前につぶれましたね・・・)に出られるようになって、コットンのPRビデオなんかにも当時のバンド(kutaboonoの前身)で出ていました。PA0_0131.jpg

 当時は、今のノルマチケットみたいなものは存在しませんでした。  でも、もちろん、友だちは呼びましたが、お店自体にお客さんがついていたと思います。 『この店に出るやつやから、こういうジャンルで、それなりに上手いんやろ。どんなバンドか楽しみやなぁ』って感じだったと思います。
 お客さんは、店に入る時、300円とか500円とかのチャージを払い、それがギャラになりました。

 仕事を終わって、店へ行き、もうお客さんの入っている店内で軽くリハをして、お客さんに 「もっとせぇや」とか言われて、 「いや、今のはリハやし、もうちょっとしたら始めるし~」 とか言ってました。

 10数年のブランクを経て、最近またライブハウスにでるようになって、その様変わりに驚きます・・・。
 まず、数がムチャクチャ増えましたね。  そして、誰でも出れる(まあ、そのおかげで今また出れてるようなもんやけど(笑))

 店についてる客  というのが、ほとんどなさそう。  知り合いのバンドだけ見て、帰ってしまったり・・・。 (もちろん、店によって違うでしょうけど) 

 店側とすれば、何人来るかわからない営業では、存続が危ういですよね・・・やっぱり、バンドごとに何人か連れてきてもらうのが一番確実ですよね。

 でも、そのことによって、本当に音楽が好きだった人は・・・なんだか逃げて行ったんじゃないかなぁ・・・というような寂しさもありますが、昔か今かどういうやり方が正しいか、ってものではないだろうし・・・ライブハウスは今後もやっぱり こういう路線なんでしょうねぇ・・・。

 僕たち天然堂は、自分たちのライブを「発表会」と呼んでいますが、  ・・・まあ、うちの娘が「お父さんの発表会」「お父さんの発表会」って言うから、笑いをとれるし言ってるって部分もありますが・・・、   知らない人に聞かせる「ライブ」 ではなくて、知ってる人に聞いてもらってる「発表会」だよなぁ・・・と、思います。


 

at 21:10│Comments(0)TrackBack(0) ○○考察 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字