2005年11月04日

ブルースとおるとの出会い

 とおると僕は、何を隠そう 伏見・藤森にある共同学童保育所の保護者同士でした。(いや・・・なにも隠すとか隠さないとかじゃないよね、あはは)

 初めてしゃべったのは、キャンプの下見のときでした(と思います)。
 彼はキャンプ委員で、その年 キャンプ委員の人数が少なかった(キャンプ委員はしんどい、という噂から立候補者が少なく、とおるも第一希望じゃなかったらしい)から、運営委員から僕ともう一人が、応援?に一緒に行ったのです。

 でも、このときは、そんなにたくさんしゃべった訳でもありません。大人の焼き肉には絶対タンシオが欲しいとか、たわいなくしゃべっていました。

 キャンプ当日、彼はキャンプファイヤーの司会進行、僕は指導員と保護者から作ったバンド演奏 という役割分担でした。
 楽器をひろげると 「いやぁ 335ですやん。 ほんまのギブソン? そんなん持ってきて子どもに壊されたらたいへんですやん。 ちょっと弾かせてもらってもいいですか?」と 彼は言い出し、つま弾き始めました。
 「やってはったんですか?」と聞くと、「いやぁ、僕はほんとはドラムなんです」

 「え~ そうなんですか? 是非一緒にやってくださいよ」

 そう・・・この一言が 紆余曲折あったけど 数年後の今こうして一緒に天然堂をやってられてるスタートだったんですよね・・・いやぁ 感慨深いなぁ(笑)

 キャンプファイヤーの数時間前、みんなが食事を始めた時、彼の姿は 彼の欲しがったタンシオの前にはありませんでした。
 どうやらグランドでなにか準備してるみたいだったので、のぞきに行きました。

 彼は 土を掘っていました。 「なにしてはんの?」

「いや、火の点火なんやけど、子どもらに呪文をとなえさせて、そしたら誰も火に近づかへんでもパッとついて、子どもらがビックリする仕掛けを作ってるんです」

「え~~!?なにそれ! どないすんの?」

「この、石油ストーブの着火のとこの部分が着火させるようにするんです。僕が座って呪文となえながら ちょっとスイッチ押すんです」

「すっご~~ そんなこと よく思いつかはるねぇ」

「いや 今までにもやってきたことあるんです。  ただ、まだ一回も成功したことないんですけど(笑)  あっ!!線が切れた!」

「え~~ どうするんですか?! えらいこっちゃがな!」

「いや、ハンダ持ってきてますし、つなげます」

あっはっは!!
  木の枝にぶら下がったコンセントに近づき、背中をまるめてハンダ付けしている とおるの後ろ姿を忘れられません。

 『なんちゅうおもろいやっちゃ』と心の中で笑いが止まりませんでした。

 その後、四ツ目屋でのセッション、学童で「つよいこバンド」、車座 を経て、天然堂の結成にいたりました。

 まだ知り合って10年と経ってないんですが、ずっと昔からの友だち・・・というか 僕自身の保護者みたい(笑)・・・ これから死ぬまで一緒に楽しんでいかなきゃね(笑)


 そうそう・・・、キャンプファイヤーの点火は 多分みなさんの想像通り、その時も失敗でした(笑)

 



at 00:23│Comments(0)TrackBack(0) ブルースとおる! 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字