2005年11月20日

天然堂物語 2

 ギターとドラムがいる訳なんで、ベースを見つければスリーピースバンドができるってことで、まずはとにかくベースを探し出した。

 ほんとは、くにひこにやってほしかったけど、「今は仕事が忙しいから無理」と断られてしまったから・・・。


 一人目の候補者・・・2回くらい とおるの家で飲みつついろんな話をして盛り上がった。
でも、仕事の都合で 結局だめだった。

 二人目、三人目も 都合があわなかった。

 この頃、職場で知り合った こうめいは、ギターが弾けるということだったので、「一回、ベースしてみてくれへん?」と頼むと 「いいよ」 と引き受けてくれて、練習を始めてみた。

 車座解散から1年以上が経過していた。

 やっぱり スタジオで大きな音を出して バンドができる、というのは楽しかった!

 (そして、その練習録音を くにひこに送っていました。)

 当時作っていた曲は、 4ビート「癒しの天然堂」、 演歌「病気のオッサンの唄」、 レゲエ「Lovely woman」、 ロック、 ブルース「アドリブ曲」とバラエティにとんでたから、くにひこもおもしろがってくれてて、とうとう「もうちょっとしたら仕事が少しひまになるから、そしたらしばらくの間 やってもいいよ」 って言い出してくれたんよね。

 数ヶ月くらいならできる・・・が丸2年になっている(笑)

 こうめいは、本職のギターになった。 彼は言った、「ベースが変わると こうもバンドって変わるんですなぁ・・・」 (笑)



at 00:20│Comments(0)TrackBack(0) 天然堂物語 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字