2007年11月26日

予定は未定とはよく言ったもの

 前回 「これから」って、予定を書いたけど、22日夕方に『菅平のおじさんが危篤になってきて、24日のお見舞いでは間に合わないかもしれない』って連絡が入ったんよね。。。

 菅平のおじさん・・・ 僕の第2のお父さんなんよね。。。  20才頃 何回も 何ヶ月も 居候して、  おじさんおばさんには娘二人で男がいなかったから 息子みたいな奴 と、誰にも紹介してもらってた。。。

 おばさんは、去年 亡くなった。。。  おじさんの方が先に病にかかったんだけど、おばさんを最後まで支えてあげはった。。。  以前このブログにも書いたけど、NHKの番組にも取り上げられた ガンと闘う夫婦  最期のダンス を病院で踊った   すごい夫婦だった。

 22日は 925ちゃんの誕生会だった。  「行けない」と メールしようかと思った。

 大阪から一足先に諏訪の病院に向かった娘が「もう 電車はない。夜中に一人で高速を走っては来ないで。 そっちの方が心配だから」とメールをよこした。。。。

 でも、様子次第では夜中に走ろうと 925ちゃんの誕生会には車で行った。

 病院に着いた娘から「少し安定している。明日なら間に合うと思う」とメールがきた。

 11時過ぎ まだまだ宴たけなわだったけど、先に失礼した。

 23日 始発の新幹線に乗った。  ラッシュだった(^^;

 名古屋まで喫煙室にこもっていた(笑)

 10時前 病院着。  おじさんは、もう 話せなかった。 目も 開かなかった。

 でも、おねえちゃんに頼まれて 僕が耳元で『人生を語らず』を歌ったら、手足を動かしてくれた。  ダンスのCDをかけると 手足が動き 「クイック クイック スロー」って 口が動いていた。。。

 2~3日前 おじさんが まだ意識があった時に言ってた という「兄弟親戚で『サライ』を歌う」っていうのもやった。


 おじさんの弟さんとは20年振りやったんやけど、「あっ、ぶうちんかぁ  名前を聞いて思い出したよ。 『見たことある顔だなぁ』とは思ってたんだ」なんて言われてたんだけど、みんながボロボロ泣いてる場面で みんな一人ずつ手を握って 話しかけたりする時  「おじさん  ぶうちんやで」なんて 自分をニックネームで呼ぶのは 恥ずかしかったなぁ・・・(笑)

 8時間弱 病室で過ごしました。。。

 帰るね。。。と握った手を   おじさんは いつまでも離してくれませんでした。。。  また来るやん  そう言いながら  泣けてしかたありませんでした。。。

 翌24日  おじさんは亡くなりました。



 ほんとにいろいろなことをしてきたすごい人でした   幸せな最期だったと思います   最期に一緒の時間をすごせて  良かったと思ってます。。。   





at 01:01│Comments(1)TrackBack(0) 信州 菅平で居候してた 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Kate   2007年11月26日 15:07
おじさん、亡くなられたのですね…
最期に歌ってあげられて、良かった。
生きていくって事は、深くかかわった人との
思い出を、大切にしていくことでもあるよね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字