2008年03月11日

レトロぱんだCD裏話から

 今日の話は、ぱんだ君CDの裏話ですが、天然堂のサードを作るに当たって、とても考えるべき点かな と思うので書いておきます。


 レトロぱんだ君から「自分のCDでギターを弾いてください」と要請がきたのは、彼が不惑天然堂のCDを聞いて、『この人に弾いてもらいたい』と思ってくれたからだそうなんです。

 ところが、話を聞くと、『スタジオライブ的にバンド一発録りをしてみたい』と言う。。。。

 天然堂CDでは・・・ 例えば ファーストの2曲目に入っている『愛しくて』のイントロ・・・8小節くらいかな・・? でも、実は3回分を合成してます(笑)

 つまり、一度 通して弾きますが、間違ったり、気に入らなかったりしたら、その部分だけ録り直して 自分としての満足度を高めてきたんですよね。。。

 だから、バンド一発録り で、果たしてできるかどうか・・・非常に不安でした。。。


 録音当日を迎えるに当たって、1~2回のリハをしました。

 録音は、一番できやすい状態になっていた『マーマレイド』から始まりました。
 当日は8時間  やったかな・・・で、3~4曲を録る予定でした。

 でも、『リズムが走る』とか『もたる』とか 何度が録り直し、リズム陣だけクリックを聞きながら別に録ることにも挑戦し・・・と、あっというまに4時間ほどが経過。。。 みな あせりだしました。

 『次こそ』と  それでもまた2~3回(笑)

 CDに入ったものは、イントロの3小節目くらいで 僕は間違ってしまうのですが・・・ ベース・ドラムというリズム陣が苦労に苦労を重ねてる中、上物(うわもの)のギターが 「あっ、ごめん  間違ったし もう一回」とは言えなくて・・・そのまま 引き続けたものが 全体として採用になりました(笑)

 そして『はじまりはいつも雨』を けっこうハイテンポで録音。

 その後、『こんな春の日』は ドラム、ベースがクリックを聞いて別録音   併せて、僕と の~こちゃんは入らない曲のドラム ベース録り。
 スタジオ残り時間8分くらいで  一回だけの『こんな春』の録音チャンスが回ってきました。

 朝から練習、午後イチから録音開始で 10時間くらいが経過していました。

 の~こちゃんは もう 死んでました(笑)  いや 僕も もう 死んでました(酔いつぶれてました? 笑)。

 とりあえずワンチャンス  6分余りの曲を弾き通しました。

 『ぶうちん なんで あんな集中力が残ってんの?』と の~こちゃん(笑)

 でもね。。。 ライブなら、間違いも残らないし、まあまあ合格点かもしれないけど、音が残るCDとしては・・・ やっぱり 気になる間違いとか 『ここは こう弾いたらあかんなぁ』があるんですよね。。。

 でも、当日 コーラスを入れることになってて 結局入れる時間は無かった かるあちゃんらに拍手で終わりを告げられ  とりあえず 音録りは終わったんです(笑)。


 ぱんだ君が『少々間違ってもバンド一発録りで』と 思ったことは、実は 僕たちもサードでやろうとしていることなんですよね。

 でも、天然堂サードでは、 どこでよしとするか は、難しい問題になるのかもしれない。。。

 まあ、個人的に再録音できる状態で 一発録りをしようとはしてるんだけど(そのために 僕もPODを買ったし)・・・


 レトロぱんだ『きっと春には・・・』は、僕と の~こちゃんが入っているのは3曲、ドラムベースのみが1~2曲、あとは弾き語り。

 この弾き語りは、彼が住んでるアパートの廊下で録音したらしい(笑)  とてもいい感じです。

 1500円。  ぱんだ君に連絡して、ぜひ ご購入くださいませ♪




at 23:48│Comments(2)TrackBack(0) レコーディングあれこれ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ろめお   2008年03月12日 19:57
天然堂サードアルバム
とても楽しみにしております
2. Posted by TOMO   2008年03月17日 20:53
3rd3rd o(^-^o)(o^-^)o
いつかな?
楽しみだね(^_-)-☆
パンダCDGet済みだもんね~ (^O^)/

コメントする

名前
URL
 
  絵文字