2008年09月06日

僕のギター その1

 僕の持ってる器材なんかを少しずつ紹介していきます。

まずは、ギターですよね。。。。  数本あるんですが、今日はまず

img20080906.jpg
 ストテレ君からいきます。

 およそ25年前、行きつけのスタジオに 初期シェクターから、ネックやボディが販売用に持ち込まれました。

 このネック、メイプルで、裏はうっすらトラ目が入っています。 指板はエボニー、黒檀です。  現在のフェンダージャパンの普通のストラトより高いネックでした(笑)

 握った瞬間、『欲しい』と思いました。  握り心地が最高でした。

 ただ、僕は、ストラトばっかり弾いてきていたので、このネックはテレキャスのものだから、「テレキャスは弾いたことないし、あかんなぁ。。。」と口走ったところ、「そしたら、ボディはストラトにしといたらええやん」と、悪魔の囁きをされてしまったんですよね(笑)

 でも、普通のサンバーストとかのストラトボディでは なんとなく面白くなくて(笑)、当時は割りとめずらしかった、セルバイディング(ボディのまわりが角をつけてあるもの。 通常のストラトは、丸く面取りされている)のボディを見つけて、合わせてみたら、イメージができあがったんです。

 ピックガードも、白やその他いろいろあったけど、黒白黒の3枚重ねに。

 ピックアップ(マイクですね)は、ダンカン社製のビンテージの音が出るやつ。

 ブリッジも、当時は最新の形。

 ナットは、当時 ブラス(真鍮)が流行りだしてたけど、いろいろ試して、結局 牛骨製にしました。

 ペグは、簡易ロック機構がついています。 普通に回すと、ロックがかかっていくのです。 はずす時は、六角レンチで緩めるものです。

 ボディの柄がタンスみたいやし、「タンスギター」と笑われてました。

 初期のシェクターのパンフレットには、「西本モデル」という名前で掲載されています。

 ちょうど 「四ツ目屋」というブルースバンドをやり出してた頃なので、四ツ目屋では、ほとんど このギターを使っていました。

 芯は固いけど、まわりを柔らかく包んだ音が出ます。

 今も、一番使いやすい、信頼できるギターです。

at 21:15│Comments(0)TrackBack(0) 僕の持ち物 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字